自己破産をしたなんて誰にも知られたくない!誰かにバレるの?

自己破産ってなんだか悪い事をしているような気になりますよね。仲の良い友達にすら相談できない、できる事なら誰にも知られる事もなく、1人で終わらせてしまいたい!そう思うのが普通だと思います。会社にバレたらクビになる、親にバレたら怒られる、誰かに知られたらバカにされる…。そうですよね。知られたくないですよね。さて、自己破産を誰もに内緒で進める事は可能なのでしょうか?

まず、消費者金融でも銀行でもクレジットカード会社でも、あなたにお金を貸しているという情報を外部に漏らす事はできません。それが例え知り合いであっても、会社の人であっても、家族であってもです。旦那のカード会社に電話しても、「奥様では…。」と言われるのがオチなほど、外部に漏らしません。それが返済してくれなくなったら急に態度を変えて言いふらすなんて事もあり得ませんので安心しましょう。自己破産するとなれば、お金を貸している本人すら貸金会社は連絡できなくなってしまいます。あなたの事に関しては、あなたが依頼している弁護士など以外には話す事ができません。

次に依頼した弁護士などが誰かに話すという事も絶対にありません。自己破産を家族で申し込みしたなら別ですよ。でも、自己破産って個人の問題であって、家族でって事はありませんよね。弁護士も秘密を守りつつお仕事をしなければいけません。なので、必要以上に家族に接近してバラすような事はありません。

しかし、弁護士などの場合、家族との連絡が必要になるケースがあります。自己破産する時に家族にお金を借りていた場合です。自己破産には家族から借りたお金も含まれ、これも返済する必要がなくなります。自己破産手続きをしている間に、家族にだけ返済をするなんて事があってはいけないのです。本人が家族に説明して同意してもらえばOKな事もありますし、弁護士が自ら説明をしたり、場合によっては家族に同意書を提出してもらわなくてはいけない場合もあります。こうなれば家族にはバレてしまうでしょう。

また、弁護士事務所が近所などであればそれほど郵送物が届く事もないかもしれませんが、遠くの事務所で通えない、仕事の都合で通えないなどになると、書類などは郵送で行われる事が多いです。なので、その封筒を家族に見られれば、自己破産でなくとも、何かあると思われるのは仕方のない事でしょう。また、裁判所から「申し立てを受けた」という通知が届く事もありますので、それも怪しまれて当然です。最低でも同居家族には話しておいた方が良いでしょうね。

会社や知人にバレるという事は一切ないと思っていて大丈夫だと思います。自分から口を滑らせて話さない限り大丈夫でしょう。貸金会社や弁護士などが、わざわざ会社や知人に自己破産の事をバラす事はありませんし、バラす意味もありません。仮に会社に自己破産した事がバレてしまったとしても、それを理由に解雇する事はできません。

基本的に誰かにバレるという心配は必要ありません。ただし、同居している家族にはバレる可能性もありますし、できるならば事前に相談しておく方が良いと思います。バレたとしても、自己破産をした事が原因でどうにかなるなんて事はありません。家族や配偶者との喧嘩の原因になってしまう事はありますが、これは事前に相談しておく事で防ぐ事ができるでしょう。また、個人の事とはいえ、一緒に生活をしている人には関係のない話ではないと思います。これから先も一緒に借金のない生活を送る為にも、説明しておくべきでしょう。

Read More

自己破産での家族の影響は?家族の借金への影響と家族の返済義務

自己破産をすると決めたら、不安になる事があると思います。家族への影響です。自分は自己破産をする事によって借金がゼロになりますが、では、「その借金は一体誰が返済するの?」と思った時、親など家族の顔が浮かんだりしてしまいませんか?また、自己破産をすれば借金だけでなく、必要なローンも組めなくなってしまいます。「家族もローンが組めなくなってしまうのでは?」と不安になりますよね。自己破産をして家族に影響はあるのでしょうか?

まず、家族の借金の負担です。これはありません。あなたが自己破産をしたからと言って、返済をしなくなったからと言って、家族に請求が行くことは絶対にありません。もし、仮に家族に請求が来たりした場合は、すぐに自己破産を依頼している弁護士などに相談して対処してもらいましょう。通常、ありえない話です。逆に、家族からお金を借りているなどがあれば、それも自己破産に含まれてしまいますので、家族に借金を返す必要もなくなるんですよ。「家族から借りてる借金は返せないけど、他の借金は返済してください!」なんて鬼みたいな事をいう法律ではありません。

しかし、家族が保証人になっている借金に関しては別です。保証人は借りた本人が返済できなかった時に代わりに支払う約束でなっていると思います。なので、借りた本人が自己破産を選択して返済しなくなると、保証人に返済義務が発生します。この場合は家族であっても返済しなければいけませので、保証人を付けている借金があるならば、事前に保証人の方に説明しておく義務があると思います。

次に各種ローンなどの影響です。クレジットカードであっても、ローンであっても、自己破産をした本人以外の人には影響はありません。例えば自己破産をしたのが奥さんだった場合、旦那さんは普通にカードも持てるしローンも組めます。夫婦であってもこんなもんなのです。なので、家族があなたが自己破産をしたのが原因で借金もローンも組めないなんて事はないので安心してください。

しかし、家族が審査に落ちる可能性が高いパターンがあります。同居している家族の場合です。奥さんが自己破産した場合の旦那さんも同じですね。“同じ住所”というのがキーワードです。例えば、あなたが自己破産したカード会社に、何も知らずに同居している家族が申し込みをしたとしましょう。“○○市に住んでるAさん”というだけならば、複数いるかもしれません。しかし、“○○市○丁目○ー○のAさん”とまでわかればどうでしょう?名字が同じなだけの偶然では済みませんよね。明らかに家族だとバレてしまいます。

自己破産はあくまでも個人の問題として片付ける事になります。なので、保証人になっていなければ家族が返済する必要もありませんし、借金もローンも組む事ができます。家族に影響はないとも言えるでしょう。しかし、家族が申し込みをしたカード会社の情報の中に、同じ住所の家族と思われる人が自己破産をして返済してくれなかったという情報があったとすれば分かりません。「家族だから同じ事になるかもしれない、今回は見送ろう!」となるかもしれませんし、「個人の事だから関係ない!」としてくれるかもしれません。同居していなければ問題ありませんし、全く利用した事のないカード会社なら問題ないでしょう。

自己破産をする事を家族に内緒にしたいという人も多いかもしれません。まぁ、同居していなければ、保証人などになっていなければ、家族への影響はほとんどないですし、同じ住所で家族である事が原因で審査を断られたにしても、その理由を話す事はありませんので、バレる心配もないかと思います。

Read More

全国どこからでもOKの事務所、自己破産をお願いして大丈夫?

自己破産に限らず、借金のお悩みの相談にのってくれる弁護士や司法書士の事務所ってありますよね。それも、全国どこからでも電話やメールで相談OKという事務所が増えています。よくCMとかネット広告で見ませんか?全国どこからでもOKの事務所は相談だけしかのってくれないのではなく、そのまま依頼する事だって可能です。

ってなると気になる事がありますよね。大袈裟な例になりますが、例えば『沖縄に住んでいる人が相談した事務所が北海道だった。でも、全国どこからでもOKだし。でも、こんなに遠くて本当に大丈夫なの?』です。他県というだけで、「本当にここに依頼して自己破産なんてできるのだろうか?」と思ってしまいますよね。全国どこからでもOKという事務所ではよくある悩みだと思います。

結論から言います。問題ないです。ちゃんと自己破産する事ができます。CMや広告でお馴染の有名な事務所なら問題ないでしょう。基本的な連絡はメールや電話で行い、書類は郵送で行います。なので、場所など関係なく手続きを進める事が可能です。ただし、1つだけ注意しておきたい事があります。

事務所によって様々かもしれませんが、1度も依頼者と対面する事もなく…というのは考えにくい部分もあります。病気などの理由があれば別ですが、基本的には1度くらいは対面するかと思います。そうなると全国どこでもとなると気になるのが交通費です。遠方であっても、わざわざこちらが出向かなくても、向こうから来てくれる事もあります。その時にも交通費はこちら持ちになるので、行かなくてよくても厳しいですよね。

なので、おススメはできるだけ近辺の事務所を選択する事ですね。他県でもOKですが、せめて関西なら関西内、関東なら関東内という感じで、車でならイケる距離くらいの事務所を選択しておく方が良いでしょう。相談して依頼しようと思った事務所が、あまりにも遠すぎる時は、対面してお話する事があるかどうかを確認してから依頼しましょう。対面が絶対必要な場合は、避けた方が無難かもしれませんね。

全国どこからでもOKという事務所は、無料相談をしている事が多いです。フリーダイヤルで通話料も必要ない事が多いです。弁護士に相談するとなると、何分何千円という相談料が気になりますよね。そういうのも必要ないですし、相談だけして依頼はしないなんて事もOKです。無料相談とは思えないほどに丁寧に対応してくれる事務所がほとんどです。まずは相談だけでもこのような事務所を選択しても良いかもしれません。

匿名(名乗らない)相談もOKです。ただし、個人情報を言わずの相談なので、あなたの借金の詳細を調べる事はできません。あなたが思っているのと、実際の状況には多少なり誤差があるかもしれませんが、それも分かりません。でも、ある程度の予測は立てる事ができます。例えば「その状態なら自己破産までしなくても債務整理がありますよ。」とか「自己破産しかないですね。」とか…。

無料相談をして、「やっぱり自己破産しか道はないのか!」と思った後に、別の弁護士に依頼してもOKですし、そのまま依頼してもOK。自分で自己破産の手続きを開始してもOKです。自己破産がどんなものなのか、他の方法はどんなものがあって、どんな感じなのかなども親身に教えてくれますので、まずは相談だけでもしてみてくださいね。全国どこでもOKという事務所は、全国どこから相談しても、依頼をしても、キチンと対応してくれますので、心配いりません。

Read More

弁護士と司法書士、どっちが自己破産に強い?自分だけでできる?

自己破産するには最終的に裁判所の判断を待たなければいけません。とはいえ、書類審査だけで裁判を行うなどではありません。つまり、書類をしっかり作成して提出する事ができるのならば、別に自分1人で自己破産の手続きを行う事も可能なのです。弁護士費用なども不要になり、自己破産にかかる申し立ての費用だけで済みますので格安に済ませる事ができます。しかし、この書類の作成というのが結構困難なものなのです。

裁判所が受け付けてくれる書類を作成しなければいけません。また、書類を受け付けてくれた時点で自己破産の申し立てができます。そして、申し立てをして初めて貸金会社からの取り立てが止まります。裁判所が納得する書類を作ったり、裁判所との連絡を全て自分でしたり、気が付かない書類の不備で自己破産ができなくなってしまったり、知識や自信のある方は良いですが、安く済ませたいくらいの気持ちならやめておいた方がよいかもしれません。

では、誰に頼めばいいの?って事になりますね。自己破産を手続きを依頼する事ができるのは、“弁護士”と“司法書士”です。どちらに頼めば良いのでしょうか?よく、「司法書士はやめておいた方がよい」って聞きませんか?私の親戚も自己破産をする事になった時に司法書士に相談してたのですが、他の親戚に「弁護士じゃなきゃダメだ!」と言われていました。何が違うのでしょうね…?

簡単過ぎるくらい簡単に説明させていただきます。弁護士はあなたの代わりになる事ができます。あなたは書類に記入しなければいけない所だけ記入して、費用を払えば、何もしなくても、後は弁護士が勝手に全て進めてくれるってわけです。あなたにしかできない、印鑑を押したり、今の家計簿を作ったり、それだけあなたは行い、後はあなたの代わりに弁護士が動くのです。

司法書士はどうかというと、書類の作成までがお仕事です。実際に裁判所へ申し立てに行ったりするのは自分でしなければいけません。完全にあなたの代わりになってという事ができないのです。貸金会社からの取り立てを止めて、裁判所に受理してもらえる書類を作るまでなのです。ただし!これは一般的な司法書士の話です。

最近、多いと思うのですが、借金問題を専門と取り扱っている事務所があります。もちろん、借金問題以外にも相談には乗ってもらえるのですが、借金問題に1番力を入れてるような事務所が増えています。そうそう、債務整理くらいなら弁護士も司法書士も変わらないんですよね。だから、借金問題に強い司法書士って聞いても自己破産とは別な話かもしれませんので、簡単には信用できないかもしれませんが…。

借金問題を専門に取り扱っている事務所は、司法書士事務所である事も多いです。ちなみに、私の親戚もこのパターンの司法書士に依頼しています。結果、裁判所に自ら足を運ぶ事もなく、自己破産の免責が下りています。1度、司法書士と会って面会しただけで、後は書類の郵送と電話連絡をたまにしたくらい、それだけで司法書士でも問題なく自己破産をする事ができていました。

要は、弁護士か司法書士かと考えれば、弁護士の方が良いかもしれません。しかし、借金問題を専門に扱っている司法書士ならそれほど大差ないとも思えます。更に、自己破産を手続きの経験が豊富な司法書士に出会えれば、全く差はないとも言えるでしょう。重要なのは、自己破産に対する知識や経験が豊富な弁護士や司法書士を選ぶという事ではないでしょうか?「失礼ですが、過去に経験はありますか?」なんて聞いちゃいましょう!

Read More