闇金に借りてしまった借金も自己破産でゼロにする事はできるの?

闇金だとは知らずに…。闇金しかもう借りるところがなくて…。闇金にお金を借りてしまったら、後悔しても遅いですよね。“闇”ですから。とんでもない請求に驚いてしまったり、返済なんてとてもできる金額じゃない事に怯えてしまったり。どうする事もできなくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか?では、闇金に借りた借金も自己破産できるのでしょうか?

闇金だとは分からずにお金を借りてしまったのなら、それはあなたの確認不足でもあります。しかし、闇金である事を偽っていた可能性もありますよね。騙されていた可能性もあるという事です。普通の消費者金融では既に借り過ぎており、もう貸してくれるところがなくて、仕方なく闇金を利用してしまったという人もいるでしょう。中にはそんな人に優しく語りかけて誘惑する闇金もいます。

ハッキリ言います。闇金ですから。騙されたにせよ、分かっていて利用してしまったにせよ、あなたは被害者です。あなたが借りた、借りてない以前の問題なのです。不当な利息を請求して設けている闇金は、法律でも禁止されています。そんな営業をしている事が、そんなルールで貸している事が問題なのです。ダメなのです。

更にハッキリ言います。闇金での借金は、自己破産できません!なぜでしょう?それは、闇金は法律でも禁止されている違法営業だからです。返済する必要はないのです。借りた金額すら返済する義務はありません。逆に取り返せる可能性もあります。いいですか?闇金を利用したのなら、自己破産ではなく別の道へ進まなくてはいけません!

例え自己破産をしても、闇金はそんな事はお構い無しです。相変わらず訳の分からん取り立てをし続けてきます。免責が下りようと関係ありません。自己破産をしただけでは、闇金に対しては全く意味がないのです。闇金へは闇金専用の対処を選択しなければいけません。

自己破産を考えている人は、弁護士や司法書士に相談すると思いますが、ここは弁護士を選択してください。そして、弁護士に闇金の被害にあっている事をまず相談してください。闇金を除いてもまだ借金がたくさん残り、自己破産しなければいけないとなれば、それはそれです。闇金とは別問題として扱ってもらいましょう。

また、警察へ相談するのも良いかもしれません。闇金問題を相談する機関も多くあります。闇金からの取り立て電話を録音したり、家まで来た時は録画や録音をして証拠を残しておきましょう。何もないよりは、なんらかの証拠があった方が話の進みがスムーズになります。

取り立てに来た闇金への対応は、絶対に返済しない事!です。「弁護士に相談した!」「警察に通報した!」そんな事を言ってもOKです。とにかく絶対に返済しないという強い態度を見せてください。ドア越しで構いません。闇金から見て返済をする人はエサでしかありません。「コイツは返済する。」、そう思わせたら負けです。どんどん訳の分からない事を言っては利息を増やし、返済する程に借金が膨らんでしまいます。

弁護士、闇金相談所、警察と全てを利用しても構いません。闇金はそのまま放置しててどうにかなる問題でもありませんし、正直なところ、言われた金額を一括で返済して借用書を返してもらったところで、本当に終わるとも言い切れません。1度関われば逃げれない可能性も高いです。少しでも早く相談に行ってください!!

Read More

そんなの必要なの?あまり知らていない自己破産に必要なもの

自己破産をするとなれば本人確認書類や賃貸に住んでる証明など様々な書類が必要ですが、意外に知られていないものを簡単に紹介してみたいと思います。実際に親戚が自己破産をした時に、「そんなもの(こと)も言われるの?」って思った事などです。これから自己破産をしようと考えている人の参考になればいいですね。

まず、カードのコピーです。持っている貸金会社関係のカードの全ての裏と表のコピーが必要になります。「そんなもん、調べたら分かるんじゃ?」って思ったのですが、必要なようです。逆に言えば、このコピーを見て、カード会社に確認を取っているのかもしれませんね。

次に通帳のコピーです。通帳に関しては所持している通帳全ての全ページのコピーが必要になります。例えば、奥さんが自己破産をするとします。旦那さんの通帳に生活の基盤のお給料が振り込まれますよね?また、光熱費などの支払いも旦那さん名義の通帳な事が多いでしょう。となれば、旦那さんの通帳のコピーも必要になってきます。自己破産をする本人の全てと、生活に使っている全ての通帳のコピーが必要になります。

最近、新しい通帳になったなどであれば、過去の通帳がない場合もありますよね?そんな時は過去の分のデータを銀行などに貰いに行かなければいけません。また、借金とは一切関係のなさそうな入出金に関しても、細かくチェックされます。「この入金は何の為?」とか。「覚えてないでしょ…」ってとこまでさかのぼる事もあるようです。親からの援助などで何万円と入金があった場合や、逆に送金した場合などのデーターは思い出しておいた方が良いかもしれません。

次に、家計簿です。まぁ、これはこの先も収入の範囲で生活できるかどうかを判断するには最適なデーターでしょう。私の親戚がお世話になった事務所の方針なのかもしれませんが、結構細かい家計簿でした。私だったら2カ月持たないと思える程…。収入と出費を計算して、残高があまりに合わないと注意されるようなので、自販機でジュースを買ったなどの記録に残らないお買い物は注意が必要です。

最後に反省文!「そんなもん書くの?めんどくさ!」と私が言った反省文。便箋2・3枚分くらいでしょうか?書かなければいけないみたいです。どうして借金をする事になってしまったのかの言い訳や、どうしてそんなに借金を貯めてしまったのかの言い訳、借金が返済できなくなってしまった事の反省、自己破産を決意した同期、自己破産後はどうするつもりなのかの決意表明…。

自己破産する本人にはそれくらい当然とも言えるのかもしれませんが、第3者から見れば実に面倒な作業です。しかも、これが反省しているか、これから先の人生を再スタートして頑張っていけるかを判断するのに重要なポイントになると言うから怖いものです。当たり前ですが、適当には書けませんよね。でも、最終的には弁護士がしっかりとした文章に直してから裁判所に提出してくれるそうです。そこまでお堅くならなくても良いのかな?

以上、私が「へぇー」っと思った書類でした。印象としては何かと面倒ですね。通帳コピーも何冊もあったらどうです?全ページですよ?コピー代が気になってしまいました。やはり簡単には自己破産はできないのでしょう。ですが、何をするにも弁護士さんなどから親切にサポートして貰える様子で、心配はいらない感じでした。

Read More

申し込みから免責まではどう進む?自己破産の大まかな流れ

自己破産は弁護士などに申し込みをして、裁判所から免責が下りるまで、数か月~半年は掛かってしまいます。忙しい時期もあれば、何もなく過ぎる時期もあるでしょう。自己破産の手続きがどのように進んで行くのか、大まかではありますが、簡単に説明していきたいと思います。

まずは自覚!自分が借金を返済できない事を自覚して、誰かに相談しなければいけないと自覚しましょう。まだ大丈夫だけど気になるからとここを見ている人、本当に大丈夫か再確認してみてください。自覚ができれば、ある程度の借金の情報をまとめて弁護士などへ相談しましょう。各カードのご利用明細などが手元にあれば話がスムーズになると思います。

相談して「自己破産がベスト」と判断されれば、その弁護士に依頼するか、別をあたるかを考えましょう。費用も事務所によって違うので、しっかり選びましょう。この弁護士に依頼すると決めれば、自己破産の申し込み(弁護士との契約)です。電話であっても、事務所へ出向いての申し込みであっても、申し込みをした当日または翌日には弁護士から貸金会社に連絡が行き、取り立てや請求をストップするしかなくなり、返済をする必要がなくなります。

弁護士が取り立てストップの連絡をしたと同時に、あなたの借金の履歴情報の開示を求めます。複数の借金がある場合、全ての開示が集まるまで時間がかかる事もありますが、全て集めて過去の取引を見て、再計算をします。利息の払い過ぎなどがあれば、借金を大幅に減らす事ができるかもしれませんよね。自己破産をするまでもなくなるかもしれません。

再計算しても自己破産しかないとなった場合、自己破産をする為の準備が始まります。どこに何円借りて何円残っているのかなど、弁護士が全ての情報を集めてまとめます。その間に自分も必要な書類を集めたり、記入したり、家計簿を作ったり、通帳をコピーしたりします。また、自己破産に必要な費用もこの間に分割などで支払います。

全ての書類が揃ったら、多くの場合は1度弁護士と面会があると思います。そこで調書のような文章を確認させられると思いますが、これに同意すれば準備が完了です。裁判所へ申し立ての手続きに弁護士が行きます。裁判所が書類を確認してOKを出せば、自己破産へ進む事ができます。場合によっては、ここから数週間から1か月後くらいに、1度自ら裁判所へ行き、免責審尋を受けなければいけません。免責審尋は裁判官に質問されるだけですぐ終わりますし、普通に答えれば何も問題ありません。必要ない場合もあります。

免責審尋から約1週間(申し立てから約1か月ちょっとくらい)で、免責の判断がされます。免責が下りれば、その事が裁判所から弁護士に伝えられます。自分のところには何も通知はきません。そして、免責が下りて1か月経てば、法的にも自己破産が確定されます。たぶん、免責下りた連絡から1か月してから、弁護士から連絡がくるかと思います。これで終わりです。

免責が下りない可能性がある、価値のある財産をたくさん持っているなどになると、ちょっと複雑になってきて流れが変わります。(長くなります。)が、大まかな流れはこんな感じです。書類書いて、弁護士事務所や裁判所に呼ばれる事があれば1回行けばいいだけって感じで簡単そうですね。自分1人で自己破産の手続きをするとなると大変ですが、弁護士に依頼すればこのように、かなり助けてもらえると思います。

Read More

自己破産って差押えされるの?自己破産で失うものと残るもの

自己破産をするとマイホームを失うというのは結構有名な話ですよね。自己破産をすると、価値のあるものや財産を失う事になります。基本的には99万円以上の現金と、20万円以上の価値のあるものや財産です。これらは全て失います。しかし、生活必需品であると認められた場合は別です。自己破産によって失うものや残るものを簡単ではありますが考えていきたいと思います。

まず、マイホームの様な大きな財産は失ってしまいます。賃貸に住んでいる場合は、「自己破産するなら出て行け!」なんて事は言いません。家を失うというわけではないんです。マイホームの住宅ローンは自己破産に含まれますし、完済していても、年数が経っていても、それなりの値が付く財産です。賃貸はあなたのものではありませんから、あなたの財産ではなく、関係ないんですね。しかし、家賃の滞納が酷い場合は、自己破産によって追い出される事もあります。

次に車です。お出かけの為だけに所有している人もいれば、通勤で毎日絶対に乗るという人もいるでしょう。場所によっては電車では通いにくいという事もあるでしょうし、車がないと生活が不便になる事も多いと思います。車の場合、自動車ローンが残っている場合は厳しいと思いますが、完済している分に関しては見逃してもらえる場合があります。ただし、1家に2台など複数の車を所有している場合は、1台だけ残して後は失うという事になる可能性もあります。

ただし、自己破産をする人と別の人が名義のマイホームや自動車なら大丈夫です。自己破産する人、個人の財産が失う対象になるので、どうしても必要ならば、自己破産をする前に名義変更などしておいた方が良いかもしれませんし、自己破産以外の方法で借金を整理する事も視野に入れておいた方が良いでしょう。

後は生活必需品、まぁ一般家庭にあって当たり前と思われる家具や家電などであれば、20万円以上のものでも残しておくことが可能です。ただし、自分的に必要な物、例えば絵画や壺など、趣味的に集めているような高級な何かがあれば、それは失う対象になるかもしれません。また、例えば50万円で買った大型のテレビが40万円の価値が残っていたとすれば、40万円で売って、5万円くらいで普通のテレビを買えば良いですよね?こういう判断になる場合もあるので、必要な物でも、価値のあり過ぎるものがあれば注意が必要です。

20万円以下の財産は、生活に必要のなさそうな物であっても残す事ができます。なので、子供のゲーム機などまで失う事はないので、子供の為に自己破産できないなんて事は考えなくて良いでしょう。また、保険なども失う事はありません。ただ、保険に加入し過ぎていて、保険代が生活を圧迫している原因だと判断されれば、注意は受けるかもしれませんね。

何でもかんでも失って、「今日から野宿しな!」って外にポイっとされるなんて事はないですよ。絶対に普通に生活できるようには考えてくれます。失う対象のモノであっても、どうして必要なのかを説明する事ができれば見逃してくれる事もありますし、何も失わずに借金を整理したいならば他の方法を選択する事も可能です。よくドラマなどで見る差押えのテープはなんでも貼ってますが、あんなに酷くないので、安心してくださいね。不安ならば20万円以上の財産を無料相談などでどうなるか、自己破産をする前に聞いてみても良いかもしれませんね。

Read More