自己破産じゃなく免責?免責とは

自己破産をした事を自分から言う人は少ないとは思いますが、「自己破産した」という表現を使う事が多いですよね。「自己破産したんだって~」なんて噂話もあるでしょう。でも、この自己破産したっていう表現はちょっと間違っているんです。自己破産はただ、自分(自己)が借金をしていて、返済ができない(破産)状態であるという意味だけです。

正しくは「自己破産になり弁護士などに申し込みして、無事に免責が下りたので借金が無くなった」です。自己破産をしただけでは、借金が残る可能性もあります。借金がゼロになった人は自己破産をしたのではなく、免責が下りたのです。一般的には「自己破産した」で通じますが、勘違いしないようにしましょう。

免責というのは、自己破産の申し込みを受けて、いろいろ審査・判断して、「この人になら借金をなしにしてもう1度借金のない生活からスタートするチャンスをあげても良いでしょう!」と合格を貰ったという事です。免責を貰わない限り、自己破産の申し込みをしても借金はなくなりません。

もちろん、自己破産すれば誰でも合格が貰えるわけでもありません。免責不許可という不合格も存在します。自分的には破産している状態だと思っていても、第三者から見ればまだ返済の余地があると判断される事もあります。また、借金をした理由があまりにも良くない場合は借金をなくす価値もありません。

どうして借金をする事になってしまったのか、どうしてそこまで借金が膨れてしまったのか、どうして返済できなくなってしまったのか、借金をする前から自己破産までの総合的な判断で免責を与えるかどうかを決定します。情状酌量と言えるようなものが多いほど、自己破産で免責が下りる可能性は高くなるでしょう。

例えば、仕事もしないで毎日パチンコに競馬・競艇とギャンブルを楽しみ、夜は酒を飲み明かす日々。おまけに持ち物は全てブランド物ときたらどうでしょう?こんな借金をしてて当たり前の生活をしていて、返済なんてギャンブルで勝った時の掛けでしかできない状態で借金をしていて、そんな事で免責が下りるでしょうか?自己破産しても借金はゼロにはなりません。免責が下りないからです。

逆に一生懸命仕事をしていて、不景気であったり、会社の倒産であったり、急に収入が減ったり、無くなったりした時、そのストレスからお酒を飲むようになってしまった、ギャンブルに手を出すようになってしまったとしたらどうでしょう?もちろん、これも良い事ではありません。ですが、情状酌量の余地も多少なりあります。この場合、他の事も合わせて総合的な判断になるので免責が確実に下りるとも言い切れませんが、下りる可能性もあります。

同じギャンブルやお酒などの嗜好品による借金であっても、前者と後者では全然違うのです。そもそも借金をしている事すらダメだと言ってしまえばそうかもしれません。でも、借金をする理由は何かしらあるはずです。その理由が借金をしてしまっても仕方のない事であればあるほど、免責が下りやすくなります。

免責が下りて初めて自己破産が成功したという事になります。借金をする時、返済できる範囲で借りるのがルールです。ですが、病気になったり、怪我をしたり、仕事が無くなったりしてしまうと、そのルールを守れなくなってしまう事もあるでしょう。そんな時は、せめて免責不許可にはならないように、そう判断されるような無理な借金をしないように注意して計画的に借金をしましょう。

1.ビューカード
ビューカード申し込む前の不安もここで解消。

2.お金を借りるならどこ? あなたにあったカードローンは?
すぐお金が必要になったときはこのサイトが参考になります。

3.自己破産の相談ポータル「全国専門家検索.com」
自己破産の不安もここなら相談先が見つけられて安心です。

4.ブラック、自己破産からのキャッシング,
自己破産の不安も経験者の意見が見られるここで解消しましょう。

5.安心できる暮らしに役立つ★便利情報
暮らしに関わるローンや保険の情報がまとまっています。

6.おまとめローン・大口ローン・不動産担保ローンのいろいろキャッシング
どこでキャッシングするか迷ったときここで探してみましょう。

7.クレジットカード審査に落ちる本当の理由
カード審査に落ちたらここなら原因を突き止められます。

8.キャッシングガイド
少しだけ借りたい人向け賢く無利息キャッシングを探せます。

9.キャッシングマップ|お金を借りれる会社を一括検索
賢くカードキャッシングをしたい人に様々な情報を提供します。