弁護士と司法書士、どっちが自己破産に強い?自分だけでできる?

自己破産するには最終的に裁判所の判断を待たなければいけません。とはいえ、書類審査だけで裁判を行うなどではありません。つまり、書類をしっかり作成して提出する事ができるのならば、別に自分1人で自己破産の手続きを行う事も可能なのです。弁護士費用なども不要になり、自己破産にかかる申し立ての費用だけで済みますので格安に済ませる事ができます。しかし、この書類の作成というのが結構困難なものなのです。

裁判所が受け付けてくれる書類を作成しなければいけません。また、書類を受け付けてくれた時点で自己破産の申し立てができます。そして、申し立てをして初めて貸金会社からの取り立てが止まります。裁判所が納得する書類を作ったり、裁判所との連絡を全て自分でしたり、気が付かない書類の不備で自己破産ができなくなってしまったり、知識や自信のある方は良いですが、安く済ませたいくらいの気持ちならやめておいた方がよいかもしれません。

では、誰に頼めばいいの?って事になりますね。自己破産を手続きを依頼する事ができるのは、“弁護士”と“司法書士”です。どちらに頼めば良いのでしょうか?よく、「司法書士はやめておいた方がよい」って聞きませんか?私の親戚も自己破産をする事になった時に司法書士に相談してたのですが、他の親戚に「弁護士じゃなきゃダメだ!」と言われていました。何が違うのでしょうね…?

簡単過ぎるくらい簡単に説明させていただきます。弁護士はあなたの代わりになる事ができます。あなたは書類に記入しなければいけない所だけ記入して、費用を払えば、何もしなくても、後は弁護士が勝手に全て進めてくれるってわけです。あなたにしかできない、印鑑を押したり、今の家計簿を作ったり、それだけあなたは行い、後はあなたの代わりに弁護士が動くのです。

司法書士はどうかというと、書類の作成までがお仕事です。実際に裁判所へ申し立てに行ったりするのは自分でしなければいけません。完全にあなたの代わりになってという事ができないのです。貸金会社からの取り立てを止めて、裁判所に受理してもらえる書類を作るまでなのです。ただし!これは一般的な司法書士の話です。

最近、多いと思うのですが、借金問題を専門と取り扱っている事務所があります。もちろん、借金問題以外にも相談には乗ってもらえるのですが、借金問題に1番力を入れてるような事務所が増えています。そうそう、債務整理くらいなら弁護士も司法書士も変わらないんですよね。だから、借金問題に強い司法書士って聞いても自己破産とは別な話かもしれませんので、簡単には信用できないかもしれませんが…。

借金問題を専門に取り扱っている事務所は、司法書士事務所である事も多いです。ちなみに、私の親戚もこのパターンの司法書士に依頼しています。結果、裁判所に自ら足を運ぶ事もなく、自己破産の免責が下りています。1度、司法書士と会って面会しただけで、後は書類の郵送と電話連絡をたまにしたくらい、それだけで司法書士でも問題なく自己破産をする事ができていました。

要は、弁護士か司法書士かと考えれば、弁護士の方が良いかもしれません。しかし、借金問題を専門に扱っている司法書士ならそれほど大差ないとも思えます。更に、自己破産を手続きの経験が豊富な司法書士に出会えれば、全く差はないとも言えるでしょう。重要なのは、自己破産に対する知識や経験が豊富な弁護士や司法書士を選ぶという事ではないでしょうか?「失礼ですが、過去に経験はありますか?」なんて聞いちゃいましょう!