自己破産って差押えされるの?自己破産で失うものと残るもの

自己破産をするとマイホームを失うというのは結構有名な話ですよね。自己破産をすると、価値のあるものや財産を失う事になります。基本的には99万円以上の現金と、20万円以上の価値のあるものや財産です。これらは全て失います。しかし、生活必需品であると認められた場合は別です。自己破産によって失うものや残るものを簡単ではありますが考えていきたいと思います。

まず、マイホームの様な大きな財産は失ってしまいます。賃貸に住んでいる場合は、「自己破産するなら出て行け!」なんて事は言いません。家を失うというわけではないんです。マイホームの住宅ローンは自己破産に含まれますし、完済していても、年数が経っていても、それなりの値が付く財産です。賃貸はあなたのものではありませんから、あなたの財産ではなく、関係ないんですね。しかし、家賃の滞納が酷い場合は、自己破産によって追い出される事もあります。

次に車です。お出かけの為だけに所有している人もいれば、通勤で毎日絶対に乗るという人もいるでしょう。場所によっては電車では通いにくいという事もあるでしょうし、車がないと生活が不便になる事も多いと思います。車の場合、自動車ローンが残っている場合は厳しいと思いますが、完済している分に関しては見逃してもらえる場合があります。ただし、1家に2台など複数の車を所有している場合は、1台だけ残して後は失うという事になる可能性もあります。

ただし、自己破産をする人と別の人が名義のマイホームや自動車なら大丈夫です。自己破産する人、個人の財産が失う対象になるので、どうしても必要ならば、自己破産をする前に名義変更などしておいた方が良いかもしれませんし、自己破産以外の方法で借金を整理する事も視野に入れておいた方が良いでしょう。

後は生活必需品、まぁ一般家庭にあって当たり前と思われる家具や家電などであれば、20万円以上のものでも残しておくことが可能です。ただし、自分的に必要な物、例えば絵画や壺など、趣味的に集めているような高級な何かがあれば、それは失う対象になるかもしれません。また、例えば50万円で買った大型のテレビが40万円の価値が残っていたとすれば、40万円で売って、5万円くらいで普通のテレビを買えば良いですよね?こういう判断になる場合もあるので、必要な物でも、価値のあり過ぎるものがあれば注意が必要です。

20万円以下の財産は、生活に必要のなさそうな物であっても残す事ができます。なので、子供のゲーム機などまで失う事はないので、子供の為に自己破産できないなんて事は考えなくて良いでしょう。また、保険なども失う事はありません。ただ、保険に加入し過ぎていて、保険代が生活を圧迫している原因だと判断されれば、注意は受けるかもしれませんね。

何でもかんでも失って、「今日から野宿しな!」って外にポイっとされるなんて事はないですよ。絶対に普通に生活できるようには考えてくれます。失う対象のモノであっても、どうして必要なのかを説明する事ができれば見逃してくれる事もありますし、何も失わずに借金を整理したいならば他の方法を選択する事も可能です。よくドラマなどで見る差押えのテープはなんでも貼ってますが、あんなに酷くないので、安心してくださいね。不安ならば20万円以上の財産を無料相談などでどうなるか、自己破産をする前に聞いてみても良いかもしれませんね。