申し込みから免責まではどう進む?自己破産の大まかな流れ

自己破産は弁護士などに申し込みをして、裁判所から免責が下りるまで、数か月~半年は掛かってしまいます。忙しい時期もあれば、何もなく過ぎる時期もあるでしょう。自己破産の手続きがどのように進んで行くのか、大まかではありますが、簡単に説明していきたいと思います。

まずは自覚!自分が借金を返済できない事を自覚して、誰かに相談しなければいけないと自覚しましょう。まだ大丈夫だけど気になるからとここを見ている人、本当に大丈夫か再確認してみてください。自覚ができれば、ある程度の借金の情報をまとめて弁護士などへ相談しましょう。各カードのご利用明細などが手元にあれば話がスムーズになると思います。

相談して「自己破産がベスト」と判断されれば、その弁護士に依頼するか、別をあたるかを考えましょう。費用も事務所によって違うので、しっかり選びましょう。この弁護士に依頼すると決めれば、自己破産の申し込み(弁護士との契約)です。電話であっても、事務所へ出向いての申し込みであっても、申し込みをした当日または翌日には弁護士から貸金会社に連絡が行き、取り立てや請求をストップするしかなくなり、返済をする必要がなくなります。

弁護士が取り立てストップの連絡をしたと同時に、あなたの借金の履歴情報の開示を求めます。複数の借金がある場合、全ての開示が集まるまで時間がかかる事もありますが、全て集めて過去の取引を見て、再計算をします。利息の払い過ぎなどがあれば、借金を大幅に減らす事ができるかもしれませんよね。自己破産をするまでもなくなるかもしれません。

再計算しても自己破産しかないとなった場合、自己破産をする為の準備が始まります。どこに何円借りて何円残っているのかなど、弁護士が全ての情報を集めてまとめます。その間に自分も必要な書類を集めたり、記入したり、家計簿を作ったり、通帳をコピーしたりします。また、自己破産に必要な費用もこの間に分割などで支払います。

全ての書類が揃ったら、多くの場合は1度弁護士と面会があると思います。そこで調書のような文章を確認させられると思いますが、これに同意すれば準備が完了です。裁判所へ申し立ての手続きに弁護士が行きます。裁判所が書類を確認してOKを出せば、自己破産へ進む事ができます。場合によっては、ここから数週間から1か月後くらいに、1度自ら裁判所へ行き、免責審尋を受けなければいけません。免責審尋は裁判官に質問されるだけですぐ終わりますし、普通に答えれば何も問題ありません。必要ない場合もあります。

免責審尋から約1週間(申し立てから約1か月ちょっとくらい)で、免責の判断がされます。免責が下りれば、その事が裁判所から弁護士に伝えられます。自分のところには何も通知はきません。そして、免責が下りて1か月経てば、法的にも自己破産が確定されます。たぶん、免責下りた連絡から1か月してから、弁護士から連絡がくるかと思います。これで終わりです。

免責が下りない可能性がある、価値のある財産をたくさん持っているなどになると、ちょっと複雑になってきて流れが変わります。(長くなります。)が、大まかな流れはこんな感じです。書類書いて、弁護士事務所や裁判所に呼ばれる事があれば1回行けばいいだけって感じで簡単そうですね。自分1人で自己破産の手続きをするとなると大変ですが、弁護士に依頼すればこのように、かなり助けてもらえると思います。