自己破産での家族の影響は?家族の借金への影響と家族の返済義務

自己破産をすると決めたら、不安になる事があると思います。家族への影響です。自分は自己破産をする事によって借金がゼロになりますが、では、「その借金は一体誰が返済するの?」と思った時、親など家族の顔が浮かんだりしてしまいませんか?また、自己破産をすれば借金だけでなく、必要なローンも組めなくなってしまいます。「家族もローンが組めなくなってしまうのでは?」と不安になりますよね。自己破産をして家族に影響はあるのでしょうか?

まず、家族の借金の負担です。これはありません。あなたが自己破産をしたからと言って、返済をしなくなったからと言って、家族に請求が行くことは絶対にありません。もし、仮に家族に請求が来たりした場合は、すぐに自己破産を依頼している弁護士などに相談して対処してもらいましょう。通常、ありえない話です。逆に、家族からお金を借りているなどがあれば、それも自己破産に含まれてしまいますので、家族に借金を返す必要もなくなるんですよ。「家族から借りてる借金は返せないけど、他の借金は返済してください!」なんて鬼みたいな事をいう法律ではありません。

しかし、家族が保証人になっている借金に関しては別です。保証人は借りた本人が返済できなかった時に代わりに支払う約束でなっていると思います。なので、借りた本人が自己破産を選択して返済しなくなると、保証人に返済義務が発生します。この場合は家族であっても返済しなければいけませので、保証人を付けている借金があるならば、事前に保証人の方に説明しておく義務があると思います。

次に各種ローンなどの影響です。クレジットカードであっても、ローンであっても、自己破産をした本人以外の人には影響はありません。例えば自己破産をしたのが奥さんだった場合、旦那さんは普通にカードも持てるしローンも組めます。夫婦であってもこんなもんなのです。なので、家族があなたが自己破産をしたのが原因で借金もローンも組めないなんて事はないので安心してください。

しかし、家族が審査に落ちる可能性が高いパターンがあります。同居している家族の場合です。奥さんが自己破産した場合の旦那さんも同じですね。“同じ住所”というのがキーワードです。例えば、あなたが自己破産したカード会社に、何も知らずに同居している家族が申し込みをしたとしましょう。“○○市に住んでるAさん”というだけならば、複数いるかもしれません。しかし、“○○市○丁目○ー○のAさん”とまでわかればどうでしょう?名字が同じなだけの偶然では済みませんよね。明らかに家族だとバレてしまいます。

自己破産はあくまでも個人の問題として片付ける事になります。なので、保証人になっていなければ家族が返済する必要もありませんし、借金もローンも組む事ができます。家族に影響はないとも言えるでしょう。しかし、家族が申し込みをしたカード会社の情報の中に、同じ住所の家族と思われる人が自己破産をして返済してくれなかったという情報があったとすれば分かりません。「家族だから同じ事になるかもしれない、今回は見送ろう!」となるかもしれませんし、「個人の事だから関係ない!」としてくれるかもしれません。同居していなければ問題ありませんし、全く利用した事のないカード会社なら問題ないでしょう。

自己破産をする事を家族に内緒にしたいという人も多いかもしれません。まぁ、同居していなければ、保証人などになっていなければ、家族への影響はほとんどないですし、同じ住所で家族である事が原因で審査を断られたにしても、その理由を話す事はありませんので、バレる心配もないかと思います。