何もなく借金がチャラになるわけない?自己破産のデメリットは?

自己破産では借金の返済請求が止まったり、免責が下りたら借金がゼロになったりとメリットもたくさんあるのですが、簡単に借金がゼロになるわけではありません。簡単にできるならみんなしてますよね。自己破産にもデメリットがあります。借金をゼロにしてもらうのにデメリットなんて言ってられないかもしれませんが、自己破産をする前にデメリットについてもしっかり理解しておいた方が良いでしょう。

まずは貯金。借金を返済できないというのに貯金があるなんて変な話であると思うのですが、中には貯金を崩したくない、何か使い道のあるお金などと言って、貯金を残しつつ借金をしている事もあるかもしれません。原則として99万円以上の貯金がある場合、99万円以上の金額は没収されます。貯金でなくても、99万円以上の現金であれば没収されます。

次に価値のあるもの、財産です。原則として20万円以上の価値のあるもの、財産は没収されます。基本的には自己申告ですが、怪しいと思われたら確認される場合もあるようなので、正直にお話しましょうね。ただし、生活必需品であれば、20万円以上の価値のあるものであっても維持する事が可能です。例えばおばあちゃんから譲ってもらった高いタンスなど、生活必需品として使っている物に関しては見逃し有りです。

次に資格制限です。資格が必要な職業の一部へ就く事を制限されてしまいます。弁護士や保険募集人などなど、その職に就いていなければ特に問題なさそうな職ばかりですが、念の為にチェックしておいてくださいね。自己破産して借金が無くなっても収入が少ないからアルバイトもしたいと考えているお父さん、警備員はNGなのでご注意くださいね。ただし、これは自己破産手続き期間中だけの事であり、免責が下りた後は制限はなくなるので警備員にもなれますよ。

次に各種ローンです。住宅ローン、自動車ローンなどのローンも自己破産に含まれてしまいますので、失う事になります。ローンの分だけ避けてという事はできません。完済している自動車は生活必需品と認められる事もありますが、没収される事もあります。また、セカンドカーは没収の対象になる確率が高いです。住宅の場合は完済していても確実に20万円以上の価値がありますので失う事になります。これも生活必需品だと思うかもしれませんが、家を売ってローンの返済に充て、借金を減らす方が優先です。もっと負担の少ない賃貸への移動が命じられると思います。

最後に、自己破産の免責が下りた後から約7年前後は新たな借り入れをする事ができなくなってしまいます。車などのローンやクレジットカードもです。ショッピング機能も付加です。クレジットカードを利用するには、先に入金するタイプや口座に入金している分だけ使えるタイプ、つまり先払いタイプしか利用できません。信用情報機関にブラックリストとして登録されるので、どんなに申し込みをしても借りる事はできません。もし、自己破産して2年程度で借りれたとすれば、怪しい貸金会社である可能性が高いので気をつけてください。

7年前後経てば、信用情報機関からブラックリストは消えます。しかし、自己破産時に利用していた(破産した)貸金会社は独自に情報を残しているでしょう。利用できない可能性が高いと思います。また提携している、子会社など、関係のある貸金会社も厳しいと思います。全く関係ない所でしたら、借りれるようになってくると思います。以上、デメリットもたくさんあるので、単に借金がゼロになる事だけを考えないで、デメリットについてもしっかり考えてくださいね。

複数の借金、月々の返済を軽くしたいならおまとめローンの検討を!
参考記事→新生銀行カードローンでおまとめ!複数の債務を完済する方法