自己破産以外には何も方法はないの?自己破産以外の借金整理方法

自己破産で借金がゼロになれば有難い事ではありますが、やっぱり返済せずに借金がなくなるというのには抵抗がある方も多いかと思います。「少しだけでも返済をしたい!」そう思うのは良い事でしょう。それが可能ならば、その道を選択する事も可能です。また。自己破産したいと思っていても、少しでも返済できる余裕があれば別の方法になる事もあります。自己破産以外の借金を整理する方法を簡単に説明しますね。

まずは、債務整理です。任意整理と言われる事もありますね。自己破産などで起こりうるデメリットを回避しつつも、借金を大幅にカットできる方法です。過払い請求というものがありますが、最初に過払い請求のような感じで、利息の払い過ぎはないか、適正な利息を支払っていたのかの確認があります。過払いと思われる利息があれば、過払い請求をし、それだけで借金が大きく減る事もありますし、無くなってしまう事もあります。

とはいえ、過払いがあるのは何年も前からずっと借金を続けている人や、法的な金利以上の利息を取る悪徳業者を利用している時くらい。普通の消費者金融にここ2年程度借金をしていただけのような人には過払いなんて発生しません。となると、これでは借金が全く減らない事もあります。

債務整理の最大の得点は、利息を無くしてしまうという事です。再計算をしても借金が全く減らなかった場合などは、利息をカットして元金のみに、更に、3年程度で完済できるくらいまで一気に借金を圧縮する事が可能になります。3年で完済できる金額にしても返済が困難であろう場合などは自己破産になる事もあります。自己破産のデメリットは回避できても、数年間借金をする事はできません。

次に個人再生です。民事再生や自己再生と呼ばれる事もありますね。自己破産をすると、マイホームなどを失う事になります。住宅ローンの返済中などになると、住宅ローンも自己破産に含まれますし、家の様な個人の大きな財産は没収される事になります。きっと、自己破産を検討している人で1番悩ましいのがこの点ではないでしょうか?自己破産は家族に迷惑がかかる事はありませんが、家を失えば家族に迷惑が掛かってしまいますよね。また引っ越しの費用も不安なところです。

家以外にも価値のある物は没収されます。それらを守って借金を整理したい、そんな時には個人再生です。マイホームなどを失う事なく、借金を大幅に減らす事ができます。自己破産の様に借金がゼロになるわけではありませんが、住宅ローンも残りますが、3年以内に完済できる金額まで下がります。実際にどれくらい下がるのかというのは、借金の総額や保有財産などによって異なり、個人により様々なようですが、再計算で何も変わらなかった場合の債務整理よりも楽になる事が多いようです。

収入が大幅に減ってしまって、毎月1万円の出費も辛いという状況ならば自己破産にする事をおススメします。しかし、1万円や2万円、数万円程度ならなんとか返済できるというならば、債務整理や個人再生というのも良いでしょう。全く借金を返さないという罪悪かんより、少しでもちゃんと返せたという方が気も楽だと思います。

実際にどれくらい減額できるのか、毎月の返済はどれくらいになるのかなど、相談すれば教えて貰えます。また、収入などから返済可能かどうかを見てくれます。まずは安心して相談してみてください。相談だけなら無料なところもありますし、匿名でOKなところもあります。提案を貰い、費用のお話を受けてからの契約になるので、話をしたら絶対にという訳ではありません。安心してくださいね。