自己破産に条件はあるの?自己破産が出来る条件と出来ない条件

自己破産は申し込みをすれば誰でも簡単に借金がゼロになるわけではありません。自己破産の免責が下りるか下りないかには条件があります。最終的に裁判所の判断になるのですが、条件が満たされていなければ自己破産の申し立てをする意味すらありません。申し立ての時点でお金もかかりますし、無理な自己破産は弁護士や司法書士に相談していれば回避する事も可能です。明らかに無理であろう相談には乗ってくれません。別の方法を提案してくれます。では、自己破産が出来る条件と出来ない条件とはそれぞれ何なのでしょうか?

まずは自己破産が出来る条件です。『返済不能』である事が重要になります。借金を全く無くしてゼロにするわけですから、少しでも返済ができるという状況では自己破産する事はできません。どんなに借金を縮小しても、どんなに返済を楽にしても、それでも返済が難しい場合のみになります。

『自己破産経験がない、又は、自己破産から7年以上過ぎている』というのも条件になります。通常、自己破産をした人は7年間は借金ができない状況にあります。それでも借金をしているなんて変ですね。普通に生活をしているなら、自己破産経験者は7年以内に自己破産になる事は考えられません。また、自己破産未経験よりも、自己破産経験者の方が厳しい判断になる事もあります。あとは、自己破産出来ない条件に当てはまらないというのが条件になります。

次に自己破産が出来ない条件です。『前回の自己破産から7年以内である』、この場合はほとんどの場合が不可になると思っておきましょう。已むお得ない場合は認められる事もあるようですが、稀だと思います。先ほども言いましたが、通常では借金などないハズの期間です。

『ギャンブルや浪費が原因』というのは厳しくなります。借金の一部がというくらいならば見逃してくれる場合もありますが、全ての借金の目的がギャンブルや浪費となると難しいと思います。どうしてギャンブルばかりするようになったのか、浪費に費やすようになってしまったのかという理由も重要になってくるでしょう。嘘でなければOK。ちゃんと説明して理解してもらいましょう。

『偽る、嘘をつく』、これはダメですね。借金の額を多めに言う、収入を少な目に言うなどは、速攻でバレるのでやめておきましょうね。また、口座引き落としで支払う料金なんかも通帳コピーの提出でバレます。しかし、バレない項目も結構ありますよね。例えば通帳。使っている通帳だけでなく、持っている通帳を全てコピーしなければいけません。でも、あなたが通帳を何個持っているのかなんて分からないんですよね。

「レシートも提出してください」と言われる場合もあるかもしれません。しかし、レシートや領収書のない場合もありますよね?例えば自動販売機や夜店などなど。こういう項目は自己申告しかありません。例えば自販機で毎月5千円分ジュースを買ったと言って、パチンコしてても分からないんです。レシート提出は別にいらないという弁護士などであれば、家計簿は修復し放題ですよね。嗜好品を買った金額を食費にしてしまうなんて事も簡単です。

要は、収入の範囲で生活ができればOKなので、それが実際にギャンブルであっても、嗜好品であっても構わないのかもしれません。しかし、人間、嘘をつき続けるとボロが出ます。何か意外なきっかけでバレる事もあります。バレると信用も大きく失いますよね。あなたの為に必死に弁護してくれる弁護士を裏切る行為は良くないですね。嘘はダメです。条件があるなんて…と、自己破産できる条件に入ろうとボロを出さないように気を付けてくださいね。