自己破産をしたなんて誰にも知られたくない!誰かにバレるの?

自己破産ってなんだか悪い事をしているような気になりますよね。仲の良い友達にすら相談できない、できる事なら誰にも知られる事もなく、1人で終わらせてしまいたい!そう思うのが普通だと思います。会社にバレたらクビになる、親にバレたら怒られる、誰かに知られたらバカにされる…。そうですよね。知られたくないですよね。さて、自己破産を誰もに内緒で進める事は可能なのでしょうか?

まず、消費者金融でも銀行でもクレジットカード会社でも、あなたにお金を貸しているという情報を外部に漏らす事はできません。それが例え知り合いであっても、会社の人であっても、家族であってもです。旦那のカード会社に電話しても、「奥様では…。」と言われるのがオチなほど、外部に漏らしません。それが返済してくれなくなったら急に態度を変えて言いふらすなんて事もあり得ませんので安心しましょう。自己破産するとなれば、お金を貸している本人すら貸金会社は連絡できなくなってしまいます。あなたの事に関しては、あなたが依頼している弁護士など以外には話す事ができません。

次に依頼した弁護士などが誰かに話すという事も絶対にありません。自己破産を家族で申し込みしたなら別ですよ。でも、自己破産って個人の問題であって、家族でって事はありませんよね。弁護士も秘密を守りつつお仕事をしなければいけません。なので、必要以上に家族に接近してバラすような事はありません。

しかし、弁護士などの場合、家族との連絡が必要になるケースがあります。自己破産する時に家族にお金を借りていた場合です。自己破産には家族から借りたお金も含まれ、これも返済する必要がなくなります。自己破産手続きをしている間に、家族にだけ返済をするなんて事があってはいけないのです。本人が家族に説明して同意してもらえばOKな事もありますし、弁護士が自ら説明をしたり、場合によっては家族に同意書を提出してもらわなくてはいけない場合もあります。こうなれば家族にはバレてしまうでしょう。

また、弁護士事務所が近所などであればそれほど郵送物が届く事もないかもしれませんが、遠くの事務所で通えない、仕事の都合で通えないなどになると、書類などは郵送で行われる事が多いです。なので、その封筒を家族に見られれば、自己破産でなくとも、何かあると思われるのは仕方のない事でしょう。また、裁判所から「申し立てを受けた」という通知が届く事もありますので、それも怪しまれて当然です。最低でも同居家族には話しておいた方が良いでしょうね。

会社や知人にバレるという事は一切ないと思っていて大丈夫だと思います。自分から口を滑らせて話さない限り大丈夫でしょう。貸金会社や弁護士などが、わざわざ会社や知人に自己破産の事をバラす事はありませんし、バラす意味もありません。仮に会社に自己破産した事がバレてしまったとしても、それを理由に解雇する事はできません。

基本的に誰かにバレるという心配は必要ありません。ただし、同居している家族にはバレる可能性もありますし、できるならば事前に相談しておく方が良いと思います。バレたとしても、自己破産をした事が原因でどうにかなるなんて事はありません。家族や配偶者との喧嘩の原因になってしまう事はありますが、これは事前に相談しておく事で防ぐ事ができるでしょう。また、個人の事とはいえ、一緒に生活をしている人には関係のない話ではないと思います。これから先も一緒に借金のない生活を送る為にも、説明しておくべきでしょう。